私は男性にモテたいがために過剰の話の相槌を打つ、話に興味持つ、ちょっとバカなフリをしたりしていました。 その時・・・